なんか彼女できないのはなぜ?諦め男子の彼女の作り方とは?

 

「なんか彼女できない・・・なぜ?」

こう思うときもありますよね。出会いの場に行ってはみるが、成果がない。例えば、ラインが交換出来ても反応が薄い、、挙句の果てに既読スルーなんてことも。

 

また、一回目のデートに行くことができても二回目が無い。「・・・なぜ?」

 

ずばり、あなたの「対人魅力」が無いからです。対人魅力とは、心理学で人が他人に対して好意や嫌悪感情のことをいいます。

 

1つ対人魅力を決定づけるのを紹介しますと「他者の身体的魅力」とい心理があり、出会ったばかりの人は相手の情報がないため、容姿に惹かれてしまうということ。

もう、これでわかると思いますが初対面のファーストコンタクトがイケメンや美女がのほうが人気なのはこの対人魅力が影響が大きいです。

 

でも安心してください、イケメンでなくとも対人魅力は上げることができます。この心理をうまく使えれば、諦め男子でも彼女を作ることができるでしょう。

これから、対人魅力を決定づける心理を紹介していきますのでじっくり読んでみてくださいね。

 

なんか彼女できないのはなぜ?諦め男子の彼女の作り方は対人魅力を上げること!

 

近接の要因

 

好きな人のそばにいたいと思うのは当たり前ですが、反対に近くにいる人を好きになるということもあります。

「人はまず自分の近くにいる人と親しくなる」という心理があります。例えば、最初に仲良くなるのは学生の頃は席が近かった人と仲良くなったり、社会人になると同じ職場、部署の近い人ではありませんでしたか?

 

このように、初対面同士の集団に身を置いた場合、まず近くにいる人同士が仲良くなるという現象を「近接の要因」という。

 

なので、街コンや合コンなどでは気になる女性がいたら積極的に近くに行くのがおススメ。

そして、ある程度親しくなってご飯に行くようになったら横並びで座るのが効果的。

 

この座り方は、相手との距離が近くなり、視線が気になることもありません。この座り方だと相手も緊張することなくリラックスでき親密度を高めることができる。

一方、対面で座ると、2人の間にテーブルがある分距離が遠くなり、お互いの目線がしやすいので緊張しやすく、相手が構えてしまうのであまりおススメしません。

 

熟知性の原則

 

人はなんども繰り返し顔を合わせることで相手に対して親しみを感じるようになり、好意も抱きやすくなります。

具体的にいうと、相手の内面を知れば知るほど相手に対して、好意を抱きやすくなるということ。

これを「熟知性の原則」という。

 

例えば、初対面の相手がどんな人なのか分からなくて興味をもてなかったのが、話してみると相手の内面を知ることができて興味が湧くということです。

このように、相手の話せば話すほどに、深く内面を知ることができて、どんどん好意を持ち好きになります。

 

これを気になる女性に活かせれば、より仲良くなることができます。そのためには、自分のことをさらけ出す(自己開示)すること。

自分がどういう人なのか、趣味、仕事、家族、意見など、打ち明けることで、相手も「あなたがこんなに自分のことを話してくれたから、私も話さなくちゃ」となり、お互いの仲を深めることができます。

 

また、長い一回のデートより、短い一回のデートで会う回数を増やす方が好感度が高まっていきます。なので、初めは丸一日使うデートプランより、食事に誘って何回も会う方がいいでしょう。

 

類似性の要因

 

初対面の女性と親しくなりたいと思ったら、相手と自分の共通点を探すこと。

なぜなら、人は自分と共通点がある人に好意を抱くから。

 

例えばあなたも、相手が自分の好きなことを好きだったら「俺も!!」ってなりますよね。それと同じことで、共通点があるだけで親近感が湧きます。

共通点を見つけるには、もちろん聞いていかないといけません。そこは相手に興味を持ち、出身、趣味、好きな食べ物、休日の過ごし方など質問してどんどん探っていくこと。

 

なので、共通点が見つかればお互いの距離はすぐに縮まるでしょう。

 

返報性の原理

 

人は何かしら他人からプレゼントやお土産をもらうと、相手にお返ししないいけないと考えてしまいます。

この心理を「返報性の原理」という。

 

例えば、よくスーパーでウィンナーやハムの試食をしていますよね。あれは、「タダで試食をさせてもらったから、何か買わないと申し訳ない」という心理でたくさん商品を買ってしまうように、考えています。

恋愛でも効果があり、相手に好意を伝えられると、自分も好意を返したくなる心理が働きます。

 

今まで、恋愛対象として見ていなかったのに、いきなり「好きです!」と好意を伝えられると、段々その人のことが気になってしまい、そこから付き合ってしまうパターンもあります。

しかし、これには最低限の条件があり、嫌われていないことが前提。なので、少なくとも好感を持たれている必要があるので、日頃から身だしなみ、清潔感、おもいやり、笑顔、ポジティブ思考でを意識していくこと。

 

だから、失敗を恐れず好意を伝えることは彼女を作るれる可能性があるということです。

 

なお、いつも好きな女性に既読スルー、脈なしの反応をされていた男性は

自分に興味を持ってもらう、ある1つのことをしていなかったから。

 

どうしても彼女が欲しいという男性は、下記の記事に詳しく話していますので、クリックして読んでみてください。

→「1度も女性経験がなかった男性が、たった3カ月で好きな女性と付き合えた方法とは!?

 

まとめ

 

女性から好感を持たれなければ、ラインもデートも上手く進めることができません。

ですが、「なんか彼女ができない」と思ってる諦め男子も、対人魅力を上げることができれば女性から好感を持てるでしょう。

  • 近接の要因
  • 熟知性の原則
  • 類似性の要因
  • 返報性の原理

 

これらを、意識すると今までとは違う成果が得られるハズ。なので、彼女を作ることを諦めず頑張っていきましょう!

これからも、彼女ができない男のためのモテる方法を紹介していきますので、楽しみにしていてください。ここまで、読んで下さりありがとうございました。

☆基本的に、モテる男の特徴

参考:彼女ができないと焦り疲れてしまったあなたへ。諦めなくても大丈夫です!

【まとめ】彼女の作り方

参考:彼女の作り方がわからない20代・30代の社会人へ解決策をまとめてみた

☆【脱】彼女ができない

参考:ずっと彼女ができない【彼女いない歴=年齢】の男性の特徴とは?

参考:自分の容姿に自信がない男性が彼女を作る方法とは?モテる男になる

☆諦めない力。ほんと脳はすごい!

参考:一生彼女ができないかもと不安に思う男性に伝えたいこと

 

【脱】彼女いない歴=年齢!好きな女性を落とす究極の会話術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください