大学生で彼女ができない理由は会話の原因?彼女の作り方とは?

 

高校は男子校で全く彼女を作ることができず、「大学こそは!」と思ったものの、女性と接する機会が少なかったので、上手く話すことができなくて好意を持ってもらえない。結果、大学生になっても彼女ができない現実で彼女の作り方が分からない。

せっかく女性と会う機会があっても、好意を持ってもらえなければ彼女を作ることはできません。

 

ずばり、彼女ができない理由は会話の仕方です。これを意識するだけで、あなたは女性に好感を持ってもらえるようになりモテます。

 

では、「どうすれば女性に好感を持ってもらえるのか?」を解説していきますので、前回記事「彼女ができない理由って?大学生・社会人まで使えるモテる会話術!」も合わせて、じっくり読んでみてください。

 

大学生で彼女ができない理由は会話が原因?女性に好感を持たれる彼女の作り方とは?

相手のまねをする

 

親友同士や仲のいいカップルは自然と言動が似ていますよね。それを意図的に、相手のまねをすることで親密度を高めることができます。

 

相手のまねをするだけで、自分が好意を持っていることを相手に伝えられ、相手からも好意をもってもらえるようになるんです。

 

人は直接言葉に出さなくても賛成・賛同の気持ちを表すことができるのが、相手の言動をまねること。あなたも意識していないだけで、親しい人には無意識にやっています。この無意識の行為を「シンクロ二ー」といいます。

シンクロニーは「同調ダンス」とも呼ばれ、同調ダンスが見られるのは二人の共感性が高く、心理的な距離が近いときです。つまり、仲が良いほど言動が一致するということ。

 

なので、この同調ダンスを意図的に使えれば相手に好意が伝わり、好意をもってもらえるということ。

 

相手のまねをすることは難しく考えないで、「相手が飲み物を飲むときは、自分も飲む」、「相手が食べるときは、自分も食べる」みたいな感じで大丈夫です。

また他にも、「会話のテンポを合わせる」、「身振り手振りを合わせる」、「相手が笑ったら、自分も笑う」など行うことで、親密度を増すことができます。

 

同調ダンスを上手く使うことができれば、共通点がたくさんあることになります。人は共通点がある人に対して好感を持つ心理があるので、よりあなたに好感を持ってくれるようになるでしょう。

 

うなずく・あいづちを打つ

 

人はうなずいたいり、あいづちを打つことで「あなたの話を聞いていますよ」、「あなたの話に興味があります」ということを相手に伝えます。そうすることで、相手は気分よく話すことができ、会話も盛り上がります。

あなたも自分の話に、無言でうなずきもなく聞かれたら話す気がなくなってしまいますよね。

それくらい、うなずきやあいづちはコミュニケーションには重要なこと。

 

うなずきやあいづちが上手な人は「聞き上手」ということです。なので、相手に気分よく話してもらうには、あなたが聞き上手になること。

 

自分が話すのが苦手でも、うなずきやあいづちには相手に「もっと話して欲しい」という気持ちを伝え、発言量を増やす効果があり「聞き上手」は相手にたくさん話をさせることができます。

また、相手の話に「驚いた表情」「笑ったり」ということもうなずきやあいづちと同じ効果があるので取り入れてみるといいでしょう。

 

相手の話を聞きだす

 

話を聞き出すコツを覚えておくと、初対面の人でも会話がはずみ相手から多くの情報を得ることができます。

あいづちには「はい」、「うん」、「それで」、「それから」、「へぇ」、「なるほど」、「そうなんだ」などたくさんありますが、これらを使い分けることが大切。

 

同じあいづちばかりでは、「この人は話を聞いていないのでは?」となり、話が盛り上がりません。話の内容に合わせて使いこなすこと。

また、同じ言葉でも声の大きさ抑揚を変えることで、こちらの感情も伝えることができるので「共感してくれてる」、「話をしっかり聞いてるくれてる」と相手に伝えることができます。

 

あいづちの入れるタイミングは、会話の切れ目に入れるのが基本です。でも、相手が勢いよく話しているときはあいづちするのをやめて、最後まで聞くといいでしょう。

このときに、自分の感想も入れると「私の話に興味を持ってくれている」と思わせることができるので、より話してくれるようになします。

 

話を聞き出す効果的な方法があり、それが「聞く側が先に自分のことを話す」こと。先に自分の話をすることで、相手も自分のことを話さないといけないという心理が働きます。

 

「自分のことを話してくれたから、私も自分のことを話そう」と意識が働くので、話を聞き出しやすくなります。この打ち明け話は、したほうもされたほうも相手に好感を持つので、お互いに打ち明け話をすることで二人の距離を縮めることができる。

 

相手の話に同調する

 

相手が話やすい受け答えの仕方があり、基本的に相手の言うことに対して「否定しない」、「受け入る」、「共感する」こと。

 

あなたも自分が言ったことに対して否定されたり、共感されなかったら気持ちよくありませんよね?なので相手に気持ちよくしゃべらせることが大切です。

 

相手に最も、話す気にさせるのが「繰り返し言う」ことです。たとえば、相手が「最近、仕事が忙しくて疲れてるんだ」と言ったら「仕事が忙しくて「疲れているんだね」と繰り返すだけ。これだけで、相手は自分の話をちゃんと聞いてくれてると感じてもらえます。

 

質問の仕方

 

「yes」「no」で答える質問をしない。たとえば、「映画は好きですか?」「スポーツは好きですか?」と質問したら「yes」か「no」でしか返ってきませんよね。このような、限られた選択肢の中から答えるような質問をしないこと。

 

「どんな映画がすきですか?」、「どんなスポーツが好きですか?」と、答えが限定されてない質問をすること。そうすれば、相手は自分の好きなところを自由に話すことができるので、会話が広がりさらにそれについて質問することができるからです。

 

質問の仕方を変えるだけで、どんどん会話は広まっていきます。

 

なお、いつも好きな女性に既読スルー、脈なしの反応をされていた男性は

自分に興味を持ってもらう、ある1つのことをしていなかったから。

 

どうしても彼女が欲しいという男性は、下記の記事に詳しく話していますので、クリックして読んでみてください。

→「1度も女性経験がなかった男性が、たった3カ月で好きな女性と付き合えた方法とは!?

 

まとめ

 

初対面の女性と話すときは、なかなか打ち解けにくいもの。ですが、自分の言動を意識すよことで相手の緊張をほぐし、スムーズに会話ができる雰囲気を作ることができるということ。

  • 相手のまねをする
  • 相手の話を聞き出す
  • 相手の話に同調する
  • 質問の仕方

 

これを意識して会話ができれば、相手に好感を持ってもらえるようになり、女性と話すのも簡単になるでしょう。なので、機会があるときに試してみてください。予想以上の結果が得られるハズです。

 

これからも、彼女ができない男のためのモテる方法を紹介していきますので、また来てくださいね。

ここまで読んで下さり、ほんとうにありがとうございました。

 

たった3回のデートで彼女を作ることができる!

⇒デートの教科書~初デートから付き合うまでの流れ~

 

◇メルマガを登録して、【人生を好転させる】無料レポートを受け取る◇

 

☆基本的に、モテる男の特徴

参考:彼女ができないと焦り疲れてしまったあなたへ。諦めなくても大丈夫です!

【まとめ】彼女の作り方

参考:彼女の作り方がわからない20代・30代の社会人へ解決策をまとめてみた

☆【脱】彼女ができない

参考:ずっと彼女ができない【彼女いない歴=年齢】の男性の特徴とは?

☆もう恋愛で悩まない

参考:自分の容姿に自信がない男性が彼女を作る方法とは?モテる男になる

☆諦めない力。ほんと脳はすごい!

参考:一生彼女ができないかもと不安に思う男性に伝えたいこと

 

マサヤの人生を変えるメールマガジン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください